【護られなかった者たちへ】円山幹子は映画オリジナルキャラ!原作は男性?

原作は、「さよならドビュッシー」に次ぐ映画化2作目となる、中山七里の同名ミステリー小説「譲られなかった者たちへ」です。

「護られなかった者たちへ」は2018年刊行作品。物語の舞台は、東日本大震災から時を経て、復興が進む宮城県仙台市。

この街で、人格者と呼ばれる者たちが狙われる連続殺人事件が発生。刑事・笘篠(とましの)は、事件の共通点から容疑者・利根にたどり着きます。

大切な人を護れなかった後悔と、権力により護られなかった者たちへの哀憐。この世は不公平で、弱いものは排除されてしまうものなのか。

円山幹子は映画オリジナルキャラ!原作では、円山菅生(まるやますがお)という男性職員です。
それでは映画のご紹介をしていきます。

目次

映画『護られなかった者たちへ』の作品情報

公開日・原作・スタッフ

2020年冬ロードショーから2021年10月1日ロードショーに延期

公式サイトは、映画『護られなかった者たちへ』公式サイト (shochiku.co.jp)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる