るろうに剣心の斎藤一の映画で吸っているタバコは?役柄・名言は?

るろうに剣心シリーズで斎藤一を演じている江口洋介さん。
タバコの煙さえも意識して演じる圧倒的な演技力。

江口洋介さんが演じる斎藤一は実在の人物です。
元々は新選組の一員で、明治維新後は警察官となって政府の密偵として暗躍していたそうです。
佐藤健さんが扮する主人公と、剣心の好敵手として全シリーズに登場する斎藤一。

架空の世界で実在の人物を演じています。
そんな斎藤一の映画で吸っているタバコや役柄・名言など調べてみました。

https://twitter.com/ruroken_movie/status/1385549285572288513?s=20
目次

るろうに剣心とは(知ってる方は次へ)

さっくりと簡単に

幕末にかつて伝説の刺客「人斬り抜刀斎 (ばっとうさい) 」と呼ばれ、人々から恐れられていた若者・緋村剣心は流浪人として神谷道場に居候していた。維新をかけた戦いが終わり、彼は「不殺 (ころさず) の誓い」を立て、斬れない刀 =逆刃刀(さかばとう)を手に、穏やかな生活を送っていた剣心だったが、大切な人を守るため再び戦いの舞台へ。

動乱の幕末が終わり、時は明治。

東京に流れ着いた剣心は、剣術道場を支える少女・神谷薫との出会いをきっかけに、都内で起きている辻切りと阿片の密売を巡る騒動に巻き込まれていく……。

るろうに剣心での斎藤一とは

原作での斎藤一

身長183cm、体重71kg。1844年(天保15年)1月1日生まれ。
東京府出身。山羊座、血液型O。初登場時34歳。
特技:悪口。
好きな食べ物:蕎麦。
一人称は「俺」。
性格は非常に冷徹かつ無愛想な一匹狼。
口癖は、『阿呆が』
流派は溝口派一刀流
妻:一人目が篠田やそ さん
2人目が時尾さん

実在の歴史上の斎藤一が人物のモデルとなっています。
元・新選組三番隊組長で、維新後は明治政府の警官(警部補)

るろうに剣心(映画)での江口洋介が演じる斎藤一

斎藤一は、もともとは緋村剣心(佐藤健)と敵対関係でしたが、話の初期からの
定番キャラで、話が進むにつれ緋村剣心と打ち解けて緋村剣心に協力するように
なっていきます。

クールで口も悪いイメージですが、仲間想いで優しく熱い役で、今回の『るろうに剣心最終章』でも、大切な人を失い茫然喪失する緋村剣心を励まし奮い立たせる役どころです。

また、緋村剣心と斎藤一はライバルでもあり、二人の決着はいまだにつけられていません。

斎藤一の正義感を表す言葉

新撰組でも屈指の剣腕の持ち主で、幕末時代からの剣心の宿敵。

斎藤一の信念は、世を蝕む悪を即座に絶つ

「悪・即・斬(あく・そく・ざん)」

斎藤一のきめ台詞的に何度も出てきます。

幕末の動乱・戊辰戦争・西南戦争を戦い抜き、明治時代における新撰組の数少ない生き残りです。

維新後は「藤田五郎」と名を改め、明治に生きる新撰組として「悪・即・斬」を貫くために警視庁に奉職します。
警官として勤務する裏で、政府の密偵としても活躍しています。

トレードマークは、鋭い眼光と触角に似た数本の前髪です。

戦い方

相手の本質を見抜く観察力・洞察力に優れています。

るろうに剣心の戦いでも虚勢を張る相手の本心を見透かして、その奥に隠された弱さを鋭く抉る。
その目的と結果を重視し容赦なく弱点を突くスタイルは、真正面からぶつかり相手の心を汲む剣心とは
対照的な戦い方であると言われています。

作者もこのようなコメントを残しています。

「斎藤を相手にするとどんなキャラでも弱くなってしまう」

斎藤一の名言

斎藤一ファンにはたまらない、斎藤一名言集です。

「半端な強さなど無いに等しい。口先だけの偽善者の言葉など胸くそ悪くなるだけだ。」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第五十二幕 「牙を剥く狼」
神谷道場内。人斬りとしての強さなど必要無い、自分の目に映る人を守れる強さがあればそれで良いと言う緋村剣心に対して斎藤一が言った台詞。

「来い。お前の全てを否定してやる。」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第五十二幕 「牙を剥く狼」
神谷道場内。何を言われようと「殺さずの流浪人」を崩す気は無いと言う緋村剣心に対し、斎藤一が刀を(「牙突」に)構えて言った台詞。

「犬はエサで飼える。人は金で飼える。だが、壬生の狼を飼う事は何人にも出来ん。」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第五十五幕 「大久保利道の依頼」
斎藤一が渋海を斬り殺そうとする場面。金で命乞いを行う渋海に斎藤一が言った台詞。

「「心眼」で見えぬなら教えてやる。この俺が昂るのは唯一つ。悪・即・斬という俺自身の正義の為だけだ!!」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第百十三幕 「宇水の心眼 斎藤の心眼」
志々雄真実のアジト、叫喚乃間。斎藤一と魚沼宇水との戦い。相手の昂ぶりは感じ取れてもその内までは読み切れていない魚沼宇水に対し、自分が昂ぶる理由を説明した斎藤一の台詞。

「己の信念を貫けなかった男など死でも生きてても惨めなものだ。」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第百十四幕 「突きたてる牙」
志々雄真実のアジト、叫喚乃間。斎藤一と魚沼宇水との戦い。斎藤一の「牙突 零式」が決まり、勝負が決した後。死に行く魚沼宇水との会話の中で斎藤一が魚沼宇水に向かって言った台詞。

「勝利の前に、一度、正悪に目を向けてみろ。そうすれば負け戦とてそれなりには楽しめる。」

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(漫画) 第二百三十九幕 「四星スーシン対決―斎藤対青龍―」
雪代縁のアジトの島。斎藤一と青龍(四星スーシン)との戦い。青龍が斎藤一の放った「牙突」を避けて斎藤一に斬撃を与えた後。2人が対峙している場面。愉悦のためだけに戦いに身を投じる青龍に対し、斎藤一が「牙突」の構えを取って言った台詞。

るろうに剣心(映画)で吸っているタバコは?

引用:Rolling Stone Japan vol.14掲載/Coffee & Cigarettes 27| 江口洋介(Photo = Mitsuru Nishimura)

セブンスター3ミリボックスか敷島という噂や、明治10年に作られた日本初の国産紙巻タバコで天狗タバコ、
輸入タバコだと天狗タバコ以前から存在するカメオじゃないかという噂もあります。

ただ、映画をどれだけ凝視しても何を吸っているのかわかりませんでした。

Rolling Stone Japan のインタビューの時は、劇中でも吸っていた巻きタバコを用意してもらい撮影もしています。
(上記写真)

しかし、この写真でもメーカーを断定できませんでした。

The Finalでのコメント

「『The Final』では全カットで吸っていたかな(笑)。タバコって、カメラの前に立つときにはすごく役に立つんですよ。煙が動いているだけで、何かを表現しているようでもあるし。ちょっとしたスモーク効果ですよね(笑)。どのタイミングで、どの方向にどのくらい煙を吐けば絵になるか?みたいなことを考えながら、楽しんで喫煙していました」

さいごに

名言からも分かるように、斎藤一が背負っているものや行動の動機は『正義』です。

また、『The Final』、『The Beginning』それぞれの撮影については、「かなりエネルギーを使いました。『The Final』と『The Beginning』はストーリーや時代が全く違うので、セリフの言い回しのトーンも変わってきます。幕末から明治という新時代になり、剣心や斎藤も世の中の流れとともに変化する様は見所です。その振り幅は、2作品を続けて観ると相当な見応えがあると思います。」と2つの時代で描かれる剣心と斎藤の葛藤についてもコメント。

江口洋介さんコメント

このようなコメントも残されているので、『The Final』、『The Beginning』での名言も楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる